バレンタインデー 自分チョコ

「年に1度位はちょっと贅沢なチョコを食べた~い」

sakuraです。

世間一般的には面倒で憂鬱なイベントになりつつある「バレンタイン」ですが、チョコ好きの女性だとやっぱり楽しみのひとつですよね。

「義理チョコ」は買わないけれど、「自分チョコ」は買うという人の割合が増えているみたいです。

日頃頑張っている自分へのご褒美として、普段は買わないようなちょっとリッチな価格帯のチョコを買う「自分チョコ」がバレンタインデーの醍醐味ですよね。

そんなわけで、私も今年は、普段は食べないようなボンボンショコラを中心に自分チョコを早々と予約注文してみました。

(関連記事:友チョコ用に買ったもの)
(関連記事:義理チョコ用に買ったもの【予算別まとめ】)

 

<スポンサーリンク>

VANDENDERプラリネショコラ

ベルギー王室御用達ショコラティエのエルマン・ヴァンデンダーさんの作るボンボンショコラです。

以前、マツコ・デラックスさんの番組で紹介されていたのを見て、去年初めて購入しました。

見た目もパッケージも美しいし、本当に感動もののおいしさでしたよ。

ショコラノワールと呼ばれるカカオ成分の多いチョコレートを使用しているそうです。

カカオのコクと繊細な甘さがクセになる感じですよ。

日本では年に1度、バレンタインの時期にしか購入出来ないので、気になる方は是非チェックを♪

ネロ Nello ベルギーチョコレート プラリネアソート

ベルギー大使館推奨のチョコレートです。

本場ベルギーのマスターショコラティエであるクレメント・イクスさんがが手がけた高級プラリネの詰合せということで、日本でもかなり人気があるみたいですね。

カカオ100%なので、口溶けが非常に濃厚ですよ。

あとは、チョコレートの1粒1粒が普通のボンボンショコラよりもやや大きめのサイズになっているので、食べ応えと満足感を感じられます。

アンジェリーク(コーヒーガナッシュチョコ)と、トスカ(グランマニエ&オレンジ風味)が個人的にとても気に入りました。

パッケージも「フランダースの犬」のネロとパトラッシュのシルエットのイラストが入っていて、なかなか可愛いですよ。

ロイズ 生チョコレート

ロイズは日本のメーカーなので、バレンタイン時期でなくてもいつでも購入出来るのが有り難いですね。

今年も、「義理チョコ」用の調達と合わせて、自分用に「生チョコ」を複数購入してます。

義理チョコは賞味期限の長めのチョコをお渡ししてますが、自分用だともっぱら生チョコです。

バレンタイン期間限定、洋酒を使用していない「キャラメリゼ」味が出ているのでお酒が苦手な方はいいかもしれませんね。

私は、毎年「シャンパン味」と「抹茶味」と「ホワイト味」等を購入することが多いです。

最後に

毎年、自分チョコ(自宅用)は、ロイズ製品から選んでいましたが、今年はちょっと奮発して、普段はめったに食べないボンボンショコラを購入してみましたよ。

ボンボンショコラはゴディバのものも好きですが、ゴディバは一年中どこでも買えるので、期間限定品をセレクトしてみました。

オシャレな女性の間では「デパ地下」や「サロン・デュ・ショコラ」等のイベントで、超高級チョコレートを自分用に購入するのが人気らしいですけど、地方だとそういったイベントもないので残念……。私のような地方在住者は通販で買えるものからしか選べません。

でも、伊勢丹オンラインストアからだと、「サロン・デュ・ショコラ」に出店されているチョコの内の一部が1/13(金)より購入出来るみたいですよ。ちなみに、「サロン・デュ・ショコラ」は今年(2017年)で開催15回目だそうです。今年の会場は「東京国際フォーラム」ということで、かなりのビックイベントですね。世界17カ国・約100ブランドのチョコレートが集結するそうです。

興味のある方はチェックしてみるといいですね♪

<スポンサーリンク>

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

関連記事

スポンサーリンク

楽天市場

楽天トラベル

ページ上部へ戻る