紫外線の種類・特徴・違い【UVA/UVB/UVC】

紫外線対策

「紫外線A波とB波ってどう違うの?」

sakuraです。
太陽から降り注ぐ紫外線が肌に大きな影響を及ぼすので対策が必要だということは常識ですよね。でも、これまで実は、紫外線について詳しいことはあまり気にせずに、UVカットコスメを適当に選んでしまっていました。今更ですが、日焼け対策をするに当たって、紫外線の知識を持つことは大切ですよね。そこで、ざっくりとですが、紫外線の種類・特徴・肌への影響等を整理してみました。

<スポンサーリンク>

紫外線(定義・種類・影響)

紫外線とは何か

紫外線・赤外線・可視光線
(画像引用:気象庁HPより)

太陽からの日射は、目に見える光(可視光線)と、目に見えない赤外線・紫外線があります。紫外線は、その中で最も波長の短い光です。

紫外線の種類

紫外線は波長によってUVA、UVB、UVCに分類できます。しかし、実際に地表まで届くのは、UVAとUVBだけです。

紫外線の生物への影響

紫外線到達 UVA・UVB・UVC
(画像引用:気象庁HPより)

【UV-A (315-400 nm)】
UV-Aは、大気による吸収をほとんど受けずに地表に到達。太陽からの日射に占める割合は数%程度。また、生物に与える影響もUV-Bと比較すると小さい。

【UV-B (280-315 nm)】
UV-Bは、成層圏オゾンにより大部分が吸収され、残りが地表に到達。太陽からの日射にしめる割合は0.1%程度と少ない。しかし、生物に与える影響は非常に大きい。

【UV-C (100-280 nm)】
UV-Cは、成層圏及び上空のオゾンと酸素分子によって全て吸収される。従って、地表には到達しない。

上記のデータを見る限り、結局のところ、地上において生物に最も有害なのは、UV-Bということになります。しかに、UV-Aも全く影響がないわけではありません。

美白・美肌・アンチエイジング的にはUV-A・UV-B の両方の具体的な影響が気になりますよね。

そこで、以下で、UVA・UVBの特徴と、肌に与える影響をそれぞれチェックしてみました。

 

UV-A(紫外線A波)とは

UVAの特徴

・95%が到達
・波長が長い
・雲や窓ガラスを透過
・真皮まで届く
・コラーゲン、エラスチン等の弾力繊維を劣化させる
・メラニンの活性化

大気による吸収を受けずに95%が地上まで到達するそうです。肌の表面だけでなく、肌の内側(真皮)にまで届き、肌の弾力繊維にダメージを与えるという働きぶり!なかなかの強敵です。

UVAが肌に与える影響

・シワ、たるみの原因
・肌が黒くなる

女性が一定の年齢を過ぎると気になる「しわ・たるみ」の原因となるのがUV-Aということですね。UV-Aに長時間当たると老化が促進されてしまいます。従って、UV-Aは、アンチエイジング的には最大の敵と言えるかもしれません!

また、肌を黒くする原因でもあるので、美白的にも出来るだけ避けたいものです。

注意点

室内でも日に焼ける

UV-Aの最も恐ろしい点は、屋内にいても全く安心が出ないことですね。窓ガラスも透過してしまうので、UVカットフィルムや、UVカットカーテンで対策をする必要があります。

コスメでの対策

PA(Protection grade of UV-A)表記のある化粧品を使うことでUVA対策が出来ます。「PA+/PA++/PA+++/PA++++」の4段階のレベルがあるので、天候や用途にあわせて上手に使い分けていくことが大事だそうですよ。

 

UV-B(紫外線B波)とは

UVBの特徴

・5%が到達
・波長が短い
・表皮に作用
・赤く炎症を起こす
・角化のリズムを乱す
・ガラスを透過しない

成層圏付近でほとんど吸収されてしまうので、地上への到達率は5%程度です。また、ガラスを透過しないので、室内にいれば影響は受けにくいです。しかし、肌の表面で吸収され、炎症を起こす作用があるので、UV-Aと同様に肌へのダメージは大きいです。

UVBが肌に与える影響

・シミ、そばかすの原因
・カサつき、肌荒れの原因
・肌が後から黒くなる

UV-Bは、主に「しみ・ソバカス」の原因となります。美肌的には非常に悪影響がありますよね。また、表皮へのダメージが大きいので、肌荒れ等も引き起こします。

注意点

晴れた日の屋外

家や建物の中にいる場合にはUVBの影響は受けません。しかし、屋外で、晴天時にダイレクトに陽射しを浴びると表皮が受けるダメージは最大化されます。また、顔や素肌だけでなく、頭皮や髪への影響も大きくなります。天気が良い日の外出は、UVカット加工の「帽子・日傘・U手袋・マスク・ストール」等で対策をすることが必要になりますね。

コスメでの対策

SPF(Sun Protection Factor)がUVBを防ぐ効果の指標を表しています。日焼けによるダメージが始まるまでの時間を抑制することが出来る目安となるので、必ずしもSPFの数値が高ければいいというわけではないようです。外出時間や外出場所等を考慮してSPF値を選ぶことが大切なのだそうです。

(関連記事:飲む日焼け止めサプリのメリット・デメリット)

 

<スポンサーリンク>

UV-C(紫外線C波)とは

UVCの特徴

DNAを破壊

今のところ、UVCは地表まで到達していないので良いですが、到達したら大変なことになりますね。

UVCが肌に与える影響

皮膚がんの原因

UVCがもし到達した場合には、健康に著しい影響を及ぼすことになります。

注意点

紫外線のうち、一番肌に悪影響があると言われているいるのがUV-Cです。これまでは、オゾン層によって吸収されて地上には届かなかったのであまり注目されていませんでした。

しかし、近年のオゾン層破壊の問題によって危険性が増してきています。

ただ、UV-Bと同様に、波長が短く、透過しないとのことです。なので、現状の対策としては、直射日光を浴びなければ大きな影響はないようですよ。

 

紫外線の影響への対策

髪の紫外線対策

紫外線の種類・特徴・違いを知り、出来るだけ紫外線を浴びないように気をつけることが、美容だけでなく健康にとっても重要になりますね。

(関連記事:髪の紫外線対策6選)
(関連記事:UVカットマスクの効果)
(関連記事:家の中での紫外線対策6選)
(関連記事:女性のための紫外線対策グッズ7選)

 

年間紫外線量の推移

紫外線の影響を知り、効果的な対策をするには、どの時期にどれくらいの量の紫外線が降り注ぐのかを大まかに知っておくと良いですよね。

季節ごとの紫外線量のポイント

年間紫外線量
(画像引用:資生堂グループHPより)

・紫外線は年間を通して降り注ぐ
・紫外線量は、春先から急激に増加
・5~9月の間が紫外線量のピーク
・5~6月のUVAは真夏とほとんど同程度
・5~6月のUVBも真夏の8割の量がある
・9月からはUVA、UVBとも大きく減少
・UVAは冬でも夏の半分程度の量がある

真夏の紫外線だけに注意を向けがちですが、紫外線は1年中浴びています。紫外線量が増加する5月から9月の間は、特に念入りな紫外線対策が必要になりますね。

時間帯ごとの紫外線量

太陽の位置が最も高くなる時(正午付近)

正午だけでなく、その前後2時間も紫外線量が多いので注意が必要ですね。

天候による紫外線量

晴天時の紫外線量が最大

晴れた日の紫外線が最も危険ですが、曇りの日も晴天の日の半分の量の紫外線はあるそうなので油断は禁物ですね。

紫外線の多い場所

・紫外線の半分は直射ではなく反射で浴びている
・地面や空気中の粒子の反射・散乱により肌に届く
・日陰でも日なたの半分の紫外線が届く

直射日光を避けるのは当然ですが、日陰でも紫外線が届くので注意が必要です。また、地表や大気中の反射による紫外線も避ける必要があります。UVカット加工がしっかりと施された帽子や日傘での対策が有効ですね。

ちなみに、オススメの日傘のブランドは「サンバリア」です。デザインがレース系でオシャレ点も良いですが、遮光率・UVカット率が共に99%以上あるので安心感が高いですよ。晴雨兼用なので1本あると便利です。

紫外線の反射率

・アスファルト…10%
・水面…10~20%
・砂浜…10~25%
・新雪…80%

海・プール・スキー場など、レジャーで出掛けた先で浴びる紫外線量は、日常生活で浴びる紫外線量よりもずっと多くなります。特に、新雪での反射率が圧倒的に高く「雪焼け」の危険が大きいです。冬にスキーに行く場合はしっかりと対策していく必要がありますね。

 

補足・まとめ

UVAが「シワ・たるみ」、UVBが「しみ」の原因となるというということでした。

「しわ・たるみ・しみ」は光老化と言われ、肌の老化の3大特徴と言われています。出来るだけ紫外線を避けて肌へのダメージを抑え、光老化が目立たないようにしていきたいものですよね。

もちろん、女性だけでなく男性も、若々しいルックスを保つためには紫外線対策は必須項目となります。

美肌・美白・アンチエイジングのために手軽に出来ることから習慣化していくと良いですよね。

(関連記事:飲む日焼け止めサプリの効果)

 

<スポンサーリンク>

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

関連記事

プロフィール


名前:sakura
性別:女性
年齢:そこそこ
目標:穏やかな心でマイペースに生きる

口コミで大人気!AETHER(エーテル)

楽天

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る