2017年敬老の日はいつ?意味・由来の簡単な解説

敬老の日 イラストメッセージ 元気でね

「敬老の日ってそもそも何なの?」

sakuraです。
9月の行事というと「敬老の日」ですよね。2017年度の敬老の日は9月18日(月)です。おじいちゃんおばあちゃんがいる場合には、毎年お祝いをするご家庭が多いとは思いますが、意外と「敬老の日とは何か」を知らなかったりします。そこで、今回の記事では、「敬老の日」の意味を由来を簡単にざっくりとまとめてみましたよ。

<スポンサーリンク>

敬老の日っていつなの?

敬老の日は毎年9月の第三月曜日です。

直近5年分の敬老の日の日程は以下のようになっています。

【2017年~2021年の敬老の日】

●2017/9/18(月)
●2018/9/17(月)
●2019/9/16(月)
●2020/9/21(月)
●2021/9/20(月)

敬老の日の意味・由来は?

敬老の日の意味

敬老の日とは、「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」ことを趣旨とした祝日です。(国民の休日に関する法律・第2条)

ざっくり言うと「人生の先輩である年長者を大切にしましょうね~」「長生きを皆で祝いましょうね~」というイベントですね。

主に家族間で、ある程度高齢の両親(父母)ややおじいちゃんやおばあちゃん(祖父母)の健康と長寿を祝う記念日です。

敬老の日の由来

兵庫県の野間谷村が、1947年の9月15日に主催した「敬老会」が、「敬老の日」の元々の始まりです。村長の門脇政夫さんが「老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村作りをしよう」という趣旨で開催したもので、日程が9月中旬なのはに農閑期と気候の良さから決められたようですよ。

翌年の1948年の7月には、「こどもの日」と「成人の日」が制定されたけれど、「敬老の日」は制定されなかったので、9月に開催された第2回の「敬老会」で、「としよりの日」を村独自の祝日として提唱したそうです。

敬老の日が制定されるまでの流れ

上記の提唱運動が功を奏し、1966年に「敬老の日」が正式に制定されることになりました。

時系列でまとめると以下のような流れです。

【敬老の日が制定されるまで】

●1947年9月15日 兵庫県 野間谷村…「敬老会」開催
●1948年7月 国…「こどもの日」「成人の日」制定
●1948年9月15日 兵庫県 野間谷村…第2回「敬老会」主催村独自の祝日として「としよりの日」を提唱→県内市町村にも提唱→賛同拡散
●1950年 兵庫県…「としよりの日」制定
●1951年 中央社会福祉協議会(現・全国社会福祉協議会)…「としよりの日(9/15)」制定、「老人週間(9/15~9/21)」制定
●1963年 国…老人福祉法制定→「老人の日(9/15)」制定、「老人週間(9/15~9/21)」制定
●1964年 上記法律施行
●1966年 国…国民の祝日に関する法律そ改正→「敬老の日」制定、老人福祉法→「老人の日」を「敬老の日」に改称

つまりは、地方の村が提唱した「としよりの日」が、県から全国まで派生し、「老人の日」が制定され、現在の「敬老の日」になったわけですね。

<スポンサーリンク>

敬老の日は何歳から祝うの?

法律的には何歳から?

「敬老の日」は、「老人を敬愛し、長寿を祝う」という趣旨の祝日なので、「老人」に該当する必要がありそうです。

ちなみに「老人」とは、「老人福祉法」によると65歳以上の人を指します。

また、WHO(世界保健機関)では「高齢者」65歳以上と定義しています。

となると、法律的には65歳以上が老人(高齢者)であり、敬老の日で祝われる対象者ということになりそうですね。

一般的には何歳から?

現在、日本では「65歳以上」が「老人」と定義されていますが、一般的には、孫が生まれて「おじいちゃん」「おばあちゃん」になった時点で、「敬老の日」にお祝いをしてもらえるようになったという方がほとんどだそうです。

中には、早ければ30代後半~40代前半位で「お祖父ちゃん」「お祖母ちゃん」になってしまう人もいますよね。

なので、行事・イベントとしての「敬老の日」には特に年齢は関係なさそうですよ。

法的には老人ではないけれど、若いお祖父ちゃん&お祖母ちゃんも「敬うべき年長者」の対象です。

子から両親へ、孫から祖父母へと、日頃の「感謝」の気持ちを伝えて、「健康」「長寿」を祈るというのが日本での一般的な敬老の日の祝い方となっています。

長寿祝いの年齢

敬老の日は「年配者を敬愛し、長寿を祝う日」です。なので、誕生日の日ではなく、敬老の日の時に「長寿祝い」をするケースも多いよいうですよね。

高齢者のための長寿祝いの年齢は以下の通りです。

【高齢の長寿祝い】

●還暦…満60歳(数え年61歳)
●古希…70歳
●喜寿…77歳
●傘寿…80歳
●米寿…88歳
●卒寿…90歳
●白寿…99歳
●紀寿(百寿)…100歳

補足・まとめ・雑感

「敬老の日」は毎年9月の第3月曜日で、趣旨は「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」ということでした。

今は65歳以上の方でも、若い方が多いので「老人扱い」をされるのを不快に思う方もいるかもしれません。でも、年少者が年配者に「感謝」する行事なので、是非、気を悪くされずに快く受け入れて欲しいですよね。

祝う側としても、日頃言えない「ありがとう」「元気で長生きしてね」という気持ちをしっかりと伝えたいものです。

(関連記事:敬老の日の手紙の例文)
(関連記事:敬老の日のメッセージの例文)
(関連記事:敬老の日の花でおすすめの種類)
(関連記事:敬老の日のギフトで人気のあるもの)
(関連記事:敬老の日の手作りプレゼントのおすすめ)

 

<スポンサーリンク>

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

関連記事

プロフィール


名前:sakura
性別:女性
年齢:そこそこ
目標:穏やかな心でマイペースに生きる

口コミで大人気!AETHER(エーテル)

楽天

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る